世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国#理塘 "理塘的冬天"

梅里雪山で命拾いした僕は完全に良い流れを掴んでいた。

メコン川を離れて、今度は長江源流の金沙江に沿って、雲南チベットから四川チベットへと入っていった。

公共バス路線の通じていない辺境。
早くても2日はかかると予想した道を1日で走破。
途中の町でたまたま巴塘(バタン)から来たミニバンを見つけ、格安快速で行けてしまった。

町はずれの祠

バタンの市場

燃えるヤク


喫茶店に飾られた小さなツリーだけが、世界がクリスマスだと思い出させてくれた巴塘を後にして、ずっと前から行きたかった街へ。

リタンへの道

岩と氷の荒野を走り抜けて辿り着いた理塘(リタン)は標高4000mの
聖地。
1580年にダライ・ラマ3世が建立したチャムチェンチョェコルリン寺(リタン・ゴンパ)と草原の間の小さな町。
ここは歴代ダライ・ラマが二人も生まれている。(7世と10世)
1950年代には共産党政府に対する大規模な反乱"カム反乱"の震源地となった場所で、これがやがてチベット動乱へと発展し、ダライ・ラマ14世のインド亡命に繋がる。
とまー、理塘は色んな意味で全チベットの中でも重要な町。
ツーリストにとっては、鳥葬が観られる町としてそこそこ知られてる。

理塘に着いたのは、寒い寒い夕暮れ時。
さすがに宿はたくさんあるので片っ端から訪ねていった。
しかし、ほとんどの宿が閉まってる。冬季休業だ。
わずかな営業中の宿もシャワーが出ない。
中国の田舎では長距離トラックのドライバーが泊まる宿にシャワーがないことは珍しくはないけれど…。
唯一ホットシャワーが使えると教えてもらった中級ホテルの玄関には大きな看板に「日本人お断り」の熱烈歓迎メッセージ。

まともな安宿を探して歩き回っていたら、若い漢人カップルに声をかけられた。
いきなり「うちに泊まらないか?タダで」と。
二人はその時ユースホステルを建設中で、サービス面の研究のためにも外国人旅行者を泊めて話を聞きたいという。

僕は一応警戒のポーズは示したものの、二人は信用できると直感して家についていった。

冷蔵庫みたいなボロ部屋に泊まろうとしていた数時間後、僕は公共団地の清潔な部屋でコタツに入って火鍋を食べていた。
しかも、日本のテレビ番組を観ながら。しかも、Wi-Fi完備。

うまくいくときは、なんでもうまくいく。

トンとアニーとは話も合った。

トンは同い年のバックパッカー。
世界中、チベットの奥地まで自転車で旅してきた猛者。
世界地図を前にしたら僕たちは何時間でも話していられた。

アニーは日本が大好きで、最近のお気に入りはドラマ版「孤独のグルメ」。
北区や板橋区といった恋愛モノでは決して映らないリアル東京に目を輝かせていた。

翌日は彼らの友人でチベット人教師のジョマの家にランチに誘われた。
バター茶に始まり、チベタンブレッド、ヤクの焼き肉、ヤクの煮込み、そしてヤクの刺身(わさび醤油で!)とヤク尽くしの豪華ランチ。
家の子供たち、ネコ、チベタンマスティフ、子ヤクらと遊び、ダライ・ラマ14世の肖像の飾られた仏間も見せてもらった。

ガレージの干し肉

ヤクずくし

正月パーティー

理塘は町も面白い。
雲南のチベット人社会はかなり中国化して薄い印象があったけど、四川は濃厚。
民族衣装をバチッときめて肩で風切る大男たち。
無数の三つ編みを貴石で飾った女たち。
朝から晩までマニ車を回してブツブツお経を唱える老人。
ゴンパの周りは五体投地礼で全身埃まみれになった人があっちにもこっちにも。
人も牛も鳥も犬も猫すらも巨大。
交差点には武装警察が常駐していて、役所前は厳重なバリケードで守られてる。

中国政府はチベット人が怖いんだ。
怖くて怖くて仕方ないから弾圧するんだな、と西部劇みたいな風景の中にいて実感した。

リタンの夕暮れ

背中あわせで祈る

五体投地礼

噂話する僧侶

コルラする人々

マスティフ

町を一歩出ればそこは荒野。
なにもなさそうに見えた荒野には、実は温泉が点在してる。

満月の夜、気温-20℃の中で入った荒野の露天風呂は本当に気持ちよかった。

町に帰るヤク

静かなヤク

さて、1週間以上この町にいて、僕がなにをしていたかというと、鳥葬を待っていた。
町外れの丘に毎朝通い、今日もない、今日も死なない、と町民が死ぬのを悪魔のように待っていた。

午後からはやることもないので、トンとアニーの宿作りを手伝う。
建物やサッシは地元の大工に任せていたけれど、節約のために出来ることは自分たちでやろう、と二人は水回りの設備に苦心していた。

上水道からポンプで水を上げ屋上のタンクに溜める。
日曜大工のお父さんでもマニュアルに従えばできる作業。
しかし、しつこいようだが、ここは標高4000m、夜の気温は-20℃。
水道の水圧は不安定。
パイプの中で水は凍ってあっという間に詰まってしまう。
おまけに工具を使う電力も不安定。

地面に大きな穴を掘りタンクを沈め、水道管とポンプを繋ぎ、屋上に水を上げる。それを給湯器に通して建物全体に給水する。
タンクと水道管をラバーシートとメタルシートでくるんで水の凍結を防ぐ。

毎日暗くなるまで、ときには暗くなっても寒風の中三人で作業を続けた。
はじめて屋上のタンクに水を引いたときは飛び回って喜んだ。

そうこうするうちに年は明けて2013年元旦。

再びジョマのうちに呼ばれてお正月のご馳走をいただきながら、未だに鳥葬が見られないという話になった。
毎朝、夜明けに起きて通ってるのに、と言ったら笑われた。
鳥葬は夜明けと同時に始まるのだという。

翌未明、真っ暗な町を出て鳥葬の丘へ。
野犬の群れが騒いでる。
昼間はのんびりしてる犬も夜は鬼の形相。
あっという間に包囲されて、今にも食い殺さんばかりの勢いで吠えかかってくる。

しかし、こちらも伊達にアジアを3年もウロウロしてきたわけじゃない。
暗闇の中でゾンビ犬に包囲されるのは初めてじゃない。
逃げたら追われる、攻撃したら乱闘になる、とわかっている。
振り返らず、一歩も引かず、心を仏の如く静かにして立ち尽くす。
しばらく吠えていた犬たちも勢いを削がれて一頭また一頭と興味を失って去っていった。
それでも2頭くらいは気を放ち続けている。

朝になれば、朝日が差せば彼らは大人しくなる。
一日で最も寒い夜明け前、ガタガタ震えながら僕は野犬の中に突っ立っていた。

冷たい空が白んで荒野が朝日に照らされると、鬼たちは犬に戻った。

強張った体をほぐしていると、遠くから数台の車が近付いてきた。
バラバラと停まった車から男たちが降りてくる。
そのうちの一台から大きな荷物が引きずり出される。

あっという間に始まった鳥葬。

丘の中腹に転がされる遺体、男だ。
職人が小刀で体を切り開く。
周囲にはとっくに巨大なハゲワシの群れができている。
遺体から男たちが離れる。
一斉に鳥たちが食らいつく。

鳥葬のはじまり

鳥葬

大騒ぎのカーニバル。
腸を引き摺り、かたまり肉を奪い合う。

しばらくすると鳥を追い払って、再び職人が刀を使う。
切り刻んで食べやすいように。
また、ハゲワシ。
再度、追い払い斧で骨を砕く。
ハゲワシ。
食いが悪くなると、食用油や調味料も混ぜる。

1時間後、地面には骨の破片の他にはなにも残っていなかった。
パーティーへの参加を厳しく拒絶されていた犬たちが、なにもない地面をみじめったらしく舐めている。
ハゲワシたちは満足して山の向こうに帰っていった。

美しい鳥葬を見て、僕はその日のうちに理塘を出た。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

更新したの全部読んだわ〜!すごい経験してるね!
全部面白かったけど、死にかけてるのがリアルで特に面白かったよ!


そんなキミとは裏腹に、私は結婚して子どもまでいるという。
あの頃では考えられない人生を歩んでいるよ。

まだしばらくジャパンには戻らないのかな?
今後の旅も素晴らしいものになる事を祈りまっす!

  • 2013/08/10(土) 18:36:40 |
  • URL |
  • かじ #-
  • [ 編集 ]

>かじ さん
結婚されたことは風の噂a.k.a.Facebookで聞いてましたがご出産は初耳です。
おめでとうございます!
今年生きてれば来年は日本にいるので飲みましょう。

  • 2013/08/11(日) 16:46:30 |
  • URL |
  • 41pale #-
  • [ 編集 ]

ありがとう!

無事に過ごせることを祈ってるよ!まぁ大丈夫そうだけどね。
日本に帰ってきたら逆にぽっくりとかありそうだけどww
飲める日を楽しみに待ってます!

  • 2013/08/11(日) 22:26:45 |
  • URL |
  • かじ #-
  • [ 編集 ]

たまたまのぞいてみたら、再開してるじゃないですか!
上海ではお世話になりましたー!
ぼくはともさんの文章のファンなんですよ。ものほん山ガール、チャンシー見にいきたいです。

  • 2013/09/24(火) 20:39:28 |
  • URL |
  • けい #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fromtheotherside.blog12.fc2.com/tb.php/48-8faf0fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。