世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス#ブリストル "聖地巡礼"

ブリストル、そこは神々の住まう街。
神殿には楽士たちの奏でる低音が神々を讃え、路地には神像や神の言葉が描かれる。
人々は清めの煙を焚き、若人は焚きすぎて嘔吐する。
オエー。

ベースミュージックとグラフィティが好きな僕にとって、ブリストルという地方都市はロンドン以上に憧れの街だった。
いつか絶対に行く、と決めていた場所のひとつ。

5月、祝日の3連休を利用して2泊3日のブリストル旅行に出た。
よく晴れた金曜日の午後、ロンドンからの高速バスを降りて目抜き通りを歩く。

なんか、意外にきれい街だな。
それまでグラフィティのイメージしかなかったから、ハードなゲットーを想像してたけど、よく考えたら普通の港湾都市でもあるわけで、ヨットハーバーにはオープンテラスのレストランがあるし、由緒正しい古城も古い教会もある。

拍子抜けした気持ちで予約していたホステルのある通りに入った。

宿の前の通り

フランケン階段

グラフィティだらけ。
数も規模も質もロンドンを遥かに凌ぐ。

一気に楽しくなって、3日間カメラを持ってブリストル中を歩き回った。

ペンキ塗りたて

the mild mild west

men working

think local

ありふれた風景

Shake wrap and roll

かわいい壁

攻撃を受けるBanksy

面白いグラフィティを探して歩いていると自然と街の地理も把握できるし、もう一つの目的である音楽にもスムーズに到達できた。

クラブやレコード屋の多いエリアを発見して情報収集。
ネットで調べてもわからなかったイベント情報がすぐに出てきた。

ここはぜひともブリストルの地元感あふれるイベントに行きたい。
街に着いてすぐ、倉庫街のレコード屋で見つけたフライヤーはKrustのパーティー、完璧だ!
でも、それは前日のものだった。
土曜の午後、一軒のクラブの壁にSmith&Mightyのイベント告知。
しかも今夜!
ピークを過ぎたとはいえ大好きなグループ、しかもブリストルの地元の英雄。
DNBをやってくれるかどうかはわからないけれど、今夜はこれで決まり。

その夜遅く、宿から歩いていくと店内にはすでにロブ・スミスの姿があった。

ロブ、自分でポスター貼ってるよ。地元だなー。レイ・マイティは女口説いてる。地元だなー。
あれ?レイってあんなに黒かったっけ?あ、レイじゃない。ピーターDだ。そっかー、今日はロブ・スミスとピーターDが出るのかー。お、始まった始まった。二人で一緒にやるのか、いいねー。

って、それはMore Rockersのライブじゃないか!
バッキバッキの倍速だし!

うおー!踊れー!焚けー!

こうして、ブリストルの夜はブリブリと更けていったとさ。

グラフィティの街
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fromtheotherside.blog12.fc2.com/tb.php/45-1d4c7c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。