FC2ブログ

世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ#パンガン "有頂天のその先は"

2011年10月12日、満月。
タイ、パンガン島ハードリンビーチ。

ビーチの大半がダサダサなフルムーンパーティーの中にも1割くらいは楽しめるところはあって、それを目当てに僕は半月前から島入りしていた。
天候、音楽、気力、体力、お野菜にお肉。すべてを最高の状態に整えて、僕はサイコーだった。

まさに有頂天。

そして、有頂天という言葉が使われる文脈が良いものではないように、ここから見事なまでの災難続きとなる。


災難その1

「ドン、乗ってけよ!」
僕のことをドンと呼ぶシンガポール人アフィクから声をかけられたのは、東の空が白みはじめ満月が西に傾いた頃。

僕は彼といつどこで友達になったのか記憶がないけれど、それはこの島ではよくあること。
そして、バイクを運転できる状態でない者がレンタルバイクを乗り回してるのもこの島の日常。

いつもなら断って歩いた。
しかし、日の出の瞬間をサイコーな状態で楽しみたかった僕は、行きつけのバーに急いでいた。

フワフワな二人を乗せたスクーターは潮風の中を軽快に走り出し、2分で転倒した。
右半身を血まみれにした相棒は病院に連れていかれ、右肩と肘から出血しただけの僕は傷を洗ってバーに向かった。

「オヤジ、ポンジュースおくれ!」
怪我は意外に重く、肘の肉はえぐれ、その後全治に1ヶ月を費やすことになった。


災難その2

「Mちゃんが昨夜からいないんだよ!」
何度か一緒にパーティーに行った日本人の男の子から声をかけられたのは、死屍累々のビーチに太陽が高く昇った頃。

これまた何度か一緒に遊んだ女の子コンビのうちの一人がパーティーの始まった頃から行方不明になってるという。

数人でビーチ周辺のバー、クラブ、レストランを片っ端から探すが見つからない。
この島でこの日、女の子が行方不明…最悪の事態が頭をよぎる。
さらに、彼女たちの泊まっているバンガローに行くと、窓ガラスが割られていた。
深夜、みんなが出掛けている間に空き巣が入ったんだ。

幸いにも部屋には貴重品を置いていなかったので、なにも盗られてはおらず、やがてMちゃんも無事に帰ってきた。

本当に無事かどうかはわからんけども。

サンライズビーチの昼

淡い花

サンセットビーチのサンセット

光る窓辺

サンライズビーチのボート

ハードリンの路地

ビーチの帰り路

光るヤシの実


災難その3

「お前のバスは違う。こっちだ。」
バス会社の兄ちゃんに声をかけられたのは、バンコク行きの夜行バスを待って待って待って、待ちくたびれた頃。

満月のあと、観光客の激減したパンガンで僕は静かで平和な1週間を満喫し、ようやく島を出た。
島の旅行代理店で買ったフェリーとバスがセットになったジョイントチケットを持ち海を渡った。
バス会社の待合所で出発を待っていると、お前は違う、別の会社、別の会社、とバス会社をたらい回しにされ、5度目に社名がタイ語だけで英語表記されていないバスに乗せられた。

現金、クレジットカード、トラベラーズチェック、パスポートは腰に巻いた貴重品ポーチに入れていた。移動のときはいつもそうしてる。
けれども、腕の傷をかばって寝心地が悪かったから、いや、単なる油断から、ポーチを外して足元のバッグに放り込んだ。
2010年2月の旅行開始から1年8ヶ月、モロッコでもトルコでもパキスタンでもインドでも盗難被害に遭わなかった僕は油断していた。
しかも、ここは何度も来ているタイ。微笑みの国、タイ。マイペンライ。

翌朝バンコクに到着して宿でバッグを開けると、現金だけがきれいに消えていた。
ドル、円、バーツ合計10数万円、やられた。


災難その4

「川から離れた宿に移りなさい。」
バンコクのお巡りさんに声をかけられたのは、宿の玄関の水位が上がり庭には体長2メートルのオオトカゲが泳いでいた頃。

ときはタイ大洪水。
バンコク北郊のドンムアン空港は水没し、バンコク市内でも所々で冠水が発生していた。

そして僕は、チャオプラヤ川沿いの美しいウォータービューが自慢の安宿にいた。
床上浸水で1階部分は閉鎖。見事なウォーターインゲストハウスとなった宿に泊まっていた僕は、金を盗まれてそんなことには構っていられなかった。

洪水バンコク

足は水に浸かり、腕には包帯を巻き、財布に金はなく、1週間前とは別人のようにしょぼくれた僕は、しかし、その後1ヶ月に渡って洪水バンコクを遊び倒した。

超、楽しかったです。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fromtheotherside.blog12.fc2.com/tb.php/43-0f9534b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。