FC2ブログ

世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコ#エッサウィラ "トランス、グナワ"

エッサウィラの会場

グナワバンド

踊る女


シンプルなリズムに、うねる低音。
コール&レスポンスを繰り返すボーカルは少しずつテンポを上げていく。
興奮した聴衆からは盛んに口笛が飛び、そこかしこでクルクルと回る輪ができる。
演奏のハイライト、ベースが疾走し始めると、
ステージ前に飛び出して一心不乱に踊る人も現れる。

ベルベル人の音楽、グナワの総本山エッサウィラで
偶然にもフリーライブを観るチャンスに恵まれた。
正式なコンサートではなく映画撮影用の演奏なので、
まともな音が楽しめたのは1時間もなかったが、
本物のグナワと聴衆の熱狂を体験することができた。

バンドはベースのような低音を出す3弦楽器グンブリと、
鉄のカスタネット、カルカベ3人のシンプルな編成。
グンブリ奏者がリードボーカルで、後の3人がコーラスをつとめる。

静かにつぶやくような序盤はゆったりと心落ち着き、
中盤以降は体の奥から揺れ出すようなサウンドに熱くなり、
終盤一気にヒートアップして燃え尽きる。
観光地でチップをねだるインチキ楽団には絶対に出せない本物のグルーブが、
たった2種類の楽器から生み出されていた。
リズムだけで音楽が成立することを再確認、そして大興奮!!

当日は雨混じりの海風で寒かったが、ホテルで一服してから行ったおかげで音に集中できた。
1時間足らずの演奏でトランス状態に入る客が出たのだから、
6月のグナワ・ミュージック・フェスティバルは相当エキサイティングなんだろうと思う。
フェス期間中はすべてのホテルが満室になるらしい。
興味がある人は今年ぜひどうぞ。

ちなみに、普段のエッサウィラはとっても静か。

エッサウィラの港で

絶えず吹き付ける海風が、親父の焼く魚と子供の吸うシンナーの香りを運ぶ、
平和な港町です。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fromtheotherside.blog12.fc2.com/tb.php/20-a51dac25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。