FC2ブログ

世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル=スペイン "深夜のテロ騒動"

すでにヨーロッパを後にして、モロッコ入りしているけど、
その前に起こった騒動をひとつレポートします。

3/15(月)20時45分、アフリカに渡るため、
リスボンからスペインのアルヘシラスを目指して夜行バスに乗った。
俺は一番前の席に座り、通路を挟んで同列に若いカップルが乗ってきた。

出発して1時間、停車地でもないところでバスは停ると、
4人の男たちが乗り込んで、すぐに車外へ出た。
すでに満席で乗れなかったのか?と思っていたら、
再び車内に入ってきて、いきなり隣のカップルの男をホールドアップ!

全員があ然とする中、若者は外に連れ出され、
女は男たちになにか懇願しつつ車外へ。

この男たちは私服刑事だった。

カップルが連れ出されたところで、
刑事が二人の荷物と座席付近を徹底的に捜索。
他の乗客にも周囲に心当りのない荷物がないか呼び掛ける。

騒然とする車内で、英語のできる男性が教えてくれたところによると、
連行された若者はテロリストの疑いがあって、警察は銃や爆発物を探しているらしい、とのこと。
刑事はシートカバーの裏や、若者のケータイまでくまなくチェックしているが、
なにも出てくる様子がない。
車外では女が延々と尋問されている。
男の姿が見えないが、おそらくパトカーの中だろう。

1時間後、2人が車内に帰ってきた。
どうやら無実だったらしい。
ようやくみんなの緊張も解けて、バスも出発。

男はアラブ系の若者のようで、
人種のせいでテロリストと間違われてしまったのだろうか?
だとしたら、本人にはとても屈辱的な経験となってしまっただろう。

同情しつつも、バスも揺れに眠けを誘われ、
ウトウトとしていた深夜1時過ぎ、誰かの大声で目が覚めた。

例の若者がケータイで誰かに話している。
むちゃくちゃ大きく、早口で。
犯罪者扱いされた怒りを友人にでもぶつけているのか?
いや、笑ったりもしている。
電話を切ったら、すぐにまた他所にかけ、1時間以上まくしたて続けている。
女の方もケータイで話したり、バリボリお菓子を食べたり、うるさい。

うるさくて眠れないが、誰も注意しない。
スペインやポルトガルでは車内のケータイ利用はマナー違反ではなく、誰でも普通に使っているが、
この時間はさすがにみんな静かにしている。

早口アラビックを聞かされて、すっかり神経が尖って眠れない。
もう、腹がたって仕方がなかった。
こんなバカガキどもがテロなんかできるわけないだろう。
どんな誤報で警察は出動したんだ?

ほとんど睡眠をとれないまま、
早朝のアルヘシラス港に到着。
アラブ系フェリー会社でジブラルタル海峡を渡った。

以上、とんだアッラーの洗礼でした。
写真はビビッて一枚も撮れてないので、今回は文章のみでカンベン。
今いるモロッコはなかなか居心地が良さそうなので、
次は楽しいレポートができると思います!
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

おーおーおー!さすがペール!
そういう現場に居合わせる運を持ってるねー!
ってかモロッコ、すげーうらやましい。

  • 2010/03/18(木) 13:28:42 |
  • URL |
  • shi:bu #-
  • [ 編集 ]

レス

>shi:bu さん
テロに居合わせる運なんか持ちたくねー。
昔、初めてスペインに来た時もテロが頻発してて、
町中の警察がマシンガン装備してたんだよねー。
今回もこの事件だけじゃなく、
ビルバオの美術館で、俺が行った3日後にテロストが逮捕されたんよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fromtheotherside.blog12.fc2.com/tb.php/16-cb1a8827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。