世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト#カイロ "Welcome to Cairo!"

カイロの広場にて

アフリカ大陸の北西の端モロッコから、
アルジェリア、チュニジア、リビアと地中海沿いに東に進んでみたかったけれど、
アルジェリアとリビアの入国が非常に困難かつメンドクサイので、
間のチュニジアもすっ飛ばして、北東の端エジプトにやってきた。

カイロ鮫

カイロは強烈な街。
びっしりと建ち並ぶ高層ビルの隙間を、大量の人と車と物と金が行き交ってる。
夜中までクラクションと怒鳴り声とアラブ歌謡が鳴り止まず、
砂埃と排気ガスと大小様々なゴミで、一日歩けば体中真っ黒に。

人もコテコテ。
というか、人の濃さこそカイロ。
観光地では客引きが、外国人の行かない場所ではただ絡みたいだけの老若男女が、
次から次へと声をかけてきて、考え事するヒマを与えてくれない。

カイロのエビちゃん
蝋人形みたいな笑顔がキュートな海老屋台のオヤジ。

ナイル遊園
安っぽい遊園地と化した"悠久の大河"ナイル。電飾ビカビカ、アラブ歌謡ガンガン。

せっかくの景観を台無しにしやがって、と思うのは外国人観光客の傲慢ですよ。
だって、この川はファラオの昔から詩人の旅情のためじゃなく、
地元民のメシの種として在り続けてきたんだから。

やかましくて、やさしくて、
忙しくて、大らかで、がめついカイロ。
大阪とバンコクとヤンゴンを足して、3で割らずに油でひとつに固めたような都市。
欧米資本に搾取される心配なんか全く感じさせないエネルギッシュな街と人は、
合わない人には辛かろうが、俺は大好きになった。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。