世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン#マドリッド "貧しい食卓"

こんにちわ。
ようやく現地レポートスタートです。

2/18成田を発ってソウルで一泊。
スペインのマドリッドにやってきた。
スペインといえば、パエリヤ、イベリコハム、ワイン、オムレツ。
なにを食べてもおいしい国。
9年前に来た時も、食べるものすべてに感動した記憶がある。

が、近頃まったくうまくない。

今回、1日の出費を2500円、先進国など物価の高い国では3000円と設定していた。
ヨーロッパでは、1泊20ユーロ未満の宿を狙っていたが、
初日にやたら賑やかなエリアで見つけたオステルは1泊30ユーロ。
次の日なんとか見つけた親切なオヤジのオステルも1泊25ユーロ。
ちなみにトランジットで泊まったソウルのラブホみたいなホテルは58000ウォン!
(ユースホステルは大概満室だし、安宿街から離れているのでメンドクサイ。)

ツーリストが削れるものは食費くらい。
大好きなスペイン料理は諦めた!
ということで、大手百貨店El Corte Ingresに行って自炊生活を始めた。

ミネラルウォーター1.5リットル=0.37ユーロ。
オレンジジュース500cc=0.38ユーロ。
子供の頭くらいの大きな硬いパン=1.45ユーロ。
一応ゴーダ産らしいスライスチーズ=1.22ユーロ。
脂身たっぷりのチョリソー薄切り=0.89ユーロ。
この旅はじめての上機嫌=プライスレス。

1食1ユーロ未満に抑えることに成功!
部屋に帰ってサンドイッチにしてひとり寂しくもそもそと食べるんだけど、
悲しいことにこれがうまいの。
さすが本場。
どんなに安物でもパンもチーズもチョリソーも味と香りがしっかりしてる。

貧しい食卓
見た目は相当悪いんだけど、広告屋で染み付いた"おいしく見えるテクニック"でマシに。
職業病ってイヤね。

ミニーの中の人
麗しの都マドリッドでいじましくがんばっているのは、ミニーちゃんの中の人も一緒。
(スペインで低賃金の仕事に就いているのは南米の人が多いようだ。当然と言えば
当然。)

なんとかマドリッドをしのいで、ただの団地とか楽しい風景を堪能して、
これを書いてる今は北部、大西洋を望むビルバオに滞在中。
ここではさらに安く美味しい自炊メニューの開発に成功しております。
て言いながら、さっき10ユーロものご馳走を食べちゃったんだけども、
それはまた別のお話。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。