世界のアッチから

馴染みのないところから色々見てみよう、というブログ。かっこよく言うとfrom the other side。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン=パキスタン "国境のハッタリ合戦"

仮面のおばちゃん

ペルシャ湾を走る

8月25日 9:50
イラン、ペルシャ湾岸の街バンダルアッバースからホルモズ島に渡るスピードボート。
この地方特有の仮面をつけたおばちゃんと、気温50度の中波に揺られて、
幻覚でも見るようなボーっとした頭で考えていた。

もうイランはいいや。早くパキスタンに行こう。

けれども、イランからパキスタンへ陸路で抜けるのは、ちょっと難しいルートだ。
イラン側の国境地帯スィースタンバローチェスターン州とケルマーン州は、
2007年の日本人旅行者誘拐事件などもあって外務省から待避勧告が出ている。
パキスタン側のバローチェスターン州もタリバンがうろついているので、
国境から州都クエッタまでの幹線道路よりアフガニスタン側は待避勧告だ。

今回の俺のルートでは、イランのバムからパキスタンのクエッタまで約1000kmを一気に駆け抜ける必要がある。

8月27日 6:30
バムの滞在先である宿まで迎えに来たパトカーに乗って、長距離バス乗り場へ向かう。

8月27日 11:30
国境手前の街ザーヘダーンで再び警察の護衛をつけて、国境行き乗り合いタクシーに乗車。
国境は13:00に閉まるから急げ、とせかされる。

8月27日 12:50
国境ミールジャーベ到着。みんなでダッシュ。
急いで出国スタンプを押してもらい、ゲートに駆けつけると、なんと閉まってる!

カラシニコフを持ったパキスタン兵がみんなを追い払っているが、
ゲートのすき間から入り込んだら、怒鳴られ蹴り飛ばされた。
もうイランを出国してしまったので、パキスタンに入れないとここで立ち往生する羽目になる。
そのことを兵士に訴えたが、相手にしてくれない。
"英語わかんねぇ。通りたかったら50ドル払いな。"

やばい。
こんな危険なところで夜は明かせない。
不利な状況を引っ繰り返すために話を大きくした。
一緒に来たパキスタン人から携帯を借りて、イスラマバードの日本大使館に電話し、状況を説明。
なんとか、そちらから国境職員に連絡して入れてもらえないか、とお願いしてみた。
この地方の管轄はカラチの総領事館だったようで、カラチのK氏から電話が入った。
"そこはまだイラン側のようですね。賄賂を要求しているのもイラン兵でしょう。
テヘランの日本大使館から国境側に連絡をとってもらうので、もう少し待っていてください。"

8月27日 15:00
大使館から国境職員に連絡があったようで、ここに唯一あるホテルに通された。
とりあえず身の安全は確保できたので、明朝ゲートが開いたらすぐに通過しよう。
しかし、このホテルはひどかった。
1泊7万リアル(700円)で蠅が飛び回り鍵のかからない部屋をシェアし、
水もほとんど出なかったからミネラルウォーターでトイレを済ました。

国境は檻の向こう
ホテルから外には出られない。

8月28日 8:00
国境ゲート開門と同時にパキスタン入国。
パキスタン側は総領事館からの連絡のおかげで歓迎ムード。
警察署内でクエッタ行きのバスが出るのを待つ。

8月28日 12:00
バスはまだ?と聞いては、もうすぐと言われ続けて4時間。
どうなってんだ!?と強い口調で問い質してみると、
バスは16:00に出る。さらに兵士が一人護衛で同行するので、
二人分の運賃1500ルピー(1500円)払え、と言い始めたお巡りさん。
さらに一人分は900ルピーと辻褄の合わないことを言う。
"冗談じゃない!こちらが護衛を頼んだわけでもないのに兵士の運賃なんか払えるか!
それに一人分は400ルピーだって知ってるんだぞ。俺はひとりで行く!"
国境の 町タフタンの広場まで来て尋ねると、やっぱり16:00発400ルピーだって。

犬のお巡りさん大集合
パキスタン国境の犬のお巡りさん。おしゃべりばっかでロクに仕事しない。

8月28日 15:00
暑い中バスの出発を待ち続けていると、犬のお巡りさんがやってきて、今日はバスは出ないと言う。
バス会社のスタッフも今日は客が全然いないから明日だ、と。

これで俺もキレた。

責任者出せ!ということで階級の高そうなバシール氏との会談に臨んだ。
ここは大きく出ないとね。

"私は日本の旅行者です。
今日私はあなた方が16:00まで待てと言うので、ずっと待っていました。
しかし今、私以外の客はいないのでバスは出ないという。
当たり前です。今朝一緒に国境を通過した人々はみんな午前のバスでクエッタに向かったのですから。
これは完全にあなた方のミスです。
今すぐ、警察車両で私をクエッタに連れていってください。"

"いや、これは私達のミスではない。どうか明日のバスを待ってください。"

"日本総領事館のK氏はご存知でしょう。
ここで私がどんな目にあっているのか、彼に報告しなければならないんですよ。
しかし、そんなことはしたくない。"

"わかりました。私が今日出るバスを探しましょう。"

結局、全てのバスが明日出発ということが判明。

"本当にバスがないことはわかりました。
また、私一人のためにあなた方の車を使うことができないのも、理解できます。
そこで、私は今晩眠るベッドとシャワーと食べ物を要求します。もちろんお金は払いません。"

"わかりました。では、私たちのカスタムハウス(つまり税関)に宿泊できるよう手配しましょう。"

やったー!!
タダで宿と飯を確保できた。言ってみるもんだー!

8月28日 17:00
税関の建物に入ると、冷たい水とビスケット、それにミルクたっぷりのチャイが出てきた。
チャイが泣けるほどおいしい。

やさしいハサン
さらに世話役のハサンがスイカをたくさん切ってくれた。

8月28日 19:00
日没と同時に、ハサンと彼の上司と三人でラマザンブレックファスト。

パキスタンのラマザンブレックファスト
サラダ、サモサ、野菜の天ぷらパコーラと、チキンカレーとオクラカレー。
2日ぶりのまともな食事が本当にうれしいし、イランと違っておいしい。
シャワーを浴びて、汗と埃で汚れきった服も洗濯できて最高の気分。

8月29日 9:00
夜中にバシール氏がやってきて、10:00発の列車に乗ることになったと告げられたので、
再び国境警察署で待つ。
が、やっぱ16:00のバスに変更、兵士の運賃も払って、と言い始めた。
いい加減にしてくれ!!

8月29日 11:00
待たされている間に、ちょっと面白いものが見られた。
この警察署には粗末な留置室が4つほどあって、
パスポートなしでイランに渡った不法就労者が20〜30人収監されている。
今日はどこか他所に移送するらしく、犬のお巡りさんがひとりずつ呼び出し始めた。
お巡りさんはひとりひとりの頭を掴んでしゃがませると、頭や肩を叩いて叱責している。

この叱責がなんというか、父親がいたずら息子を叱るように優しい。
"お前はパスポートなしでイランに行ったのか?うん?
ダメじゃないか、そんなことしちゃあ。"
叱られる方も、子供みたいなか細い声で言い訳をする。

慈しみをこめて、ひとりひとり叩いている姿を見て、
外国への不法就労はあまり悪いこととは思われてないのかな、と感じた。

8月29日 15:30
ついにクエッタ行きのバスに乗れた!

ひたすら砂漠を走る

ここから600kmの砂漠道をエアコンの効かないボロバスは走り続け、
9箇所あるというチェックポイントでは、毎回俺だけ降りてパスポートチェック。
汗ダク、ヘロヘロになって翌早朝クエッタに辿りついた。

あー、長かった。(ブログも)
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

イラン#テヘランその他 "自由の国、イラン。"

テヘランでチャドルの女性

厳格なイスラム教徒の国。
日本では決して見ることのできない風景。

そんなイメージと期待をこめて、今回イランにやってきた。
さらに、入国の翌日にはラマザーン(断食月)が始まる。
日の出から日の入りまで食べ物も水も一切口にしないムスリムの大切な行事。

厳格な人々の、最も厳格な姿が見られる。
とワクワクしながらラマザーン初日を首都テヘランで迎えた。

ヤズドのシャッター通り

見事に飲食店が閉まってる。
本当になにも食べられないんだ!

空っぽの胃がグーグー鳴くのを楽しみながら、待望の日没を迎えたその瞬間。




アケメネスの黒い犬
あれ?

店に人が殺到しないな。みんな家に帰るのかな?
でも、みんなヨユーな顔して買い物なんかしてる。

。。。。。。。

こいつら腹減ってねーな!


次の日から注意深く観察してみると、
いるわいるわ、飲み食いしてるムスリムの面々。
多くの人が人目を避けて家で食事してるみたいだけど、公園で弁当食べてるファミリーもいた。

荷物運びのクルド人青年
荷物運びのクルド人(もちろんムスリム)。食わなきゃ仕事できんわな。

ハラム前の売店
イラン最大の聖地、マシュハドの聖域入り口前の売店。
パンやザムザム(イランのコーラ)が飛ぶように売れてたよ。


なーんか、拍子抜け。

彼らはもちろん信仰厚いムスリムなんだけど、
厳しい戒律は宗教警察が目を光らせてるから守ってるだけ、て人が多いみたい。
大人は闇酒飲んでるし、若者の中では麻薬中毒者が増加して問題になってる。
女子がチャドルを嫌がるのはもちろん、都会の子にいたっては逆ナンするらしい。
実際、今まで見てきたイスラム教国で、イランほど女子が積極的に声をかけてきた国はなかった。

エスファハーンの美女
10〜20代の女子は男子に対する興味を抑えようともしないから、楽しい。

法律で厳しく縛られた不自由な環境で、
みんな不満を抱えながらも自由にやってる、ってのが半月滞在した印象。

まさか、こんなイランが見られるとは思ってもいなかった!

それにしても、昼間営業してる飲食店は少ないので、
ツーリストにとってはメシの食えない日々が続いております。
断食の戒律をきちんと守ってるのは外国人だけかよ!

砂漠の中の小さな集落

おまけ。何時間見ても飽きない砂漠。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

トルコ#カンガル "犬見録"

何年も前からトルコに行こうと決めてた。
だから、今回の旅行でもトルコは外すことのできない訪問国のひとつ。

でも、なんでトルコに来たかったんだっけ?
カッパドキアでもブルーモスクでもなく、昔から見たかったものがあったんだけど。

それが思い出せないままトルコ入りし、もやっとした気持ちで数日を過ごしていた。
ら、あっさり思い出した。

犬。

犬が見たかったんだよ。
子供のころ、テレビや怪しいビデオで、
巨大な犬が牧羊犬やったり、見世物小屋で熊と戦わされてる映像を見て憧れていたんだ。

早速調べてみると、アナトリアの中央高地にあるカンガルという小さな町が
その名もカンガル犬という牧羊犬の産地らしい。
今はさすがに闘犬はやってないだろうけど、とにかく犬を見よう。

首都アンカラから夜行バスで高い山をいくつも越えてやってきた。
早朝、リアルで大きなカンガル犬オブジェが建つ町に到着。
アンカラで教えられた宿を探してタクシーに乗り郊外に出ると、
車道前方にカンガル犬出現!

"ほれ!お前が見たがってる犬だぞ!"はしゃぐドライバーのオヤジ。
でかい!
でも、なぜか車を避けようとしない犬。
慌ててブレーキを踏むオヤジ。

ドン!

ファーストコンタクトではねちゃった。
さーたいへんなことになった、と青ざめていたら、
犬は痛がってはいるものの、普通に歩き去っていった。
"ノープロブレムだ。ハッハー!!"
笑うオヤジ。笑えないオレ。

その日の午後、改めて郊外のブリーダーの元を訪ねた。

ブリーダーとカンガル犬
これがカンガル犬。

立ち上がったら2mくらいありそうな、一番立派なオスを檻から出して触らせてくれた。
首輪を持たせてもらったけど、犬が少し振り向くだけで、こちらは身体全体を振り回される。

さらにブリーダーに教えられた場所に行ってみると、
まさに羊飼いが放牧を始めるところだったらしく、大きな砂埃が進んできた。

群れの先頭を行く犬
先頭を歩くカンガル犬がすぐにやってきて、オレのニオイを嗅いで安全を確認。

犬と群れ

100頭以上の羊、山羊、牛の群れを、
人間2人、犬2頭がコントロールする放牧に同行させてもらうことにした。

棒を担ぐ羊飼い
群れからはぐれた牛を追っかけたり叩いたり、人はけっこう忙しい。

群れをバックに寝そべる犬
犬はあまり吠えたり走ったりしない。要所々々に立って静かに群れを抑えてる。

水飲み場で警戒する犬
水飲み場に到着。羊たちが水を飲み終わるまで、しんがりの犬は口をつけない。

太陽と群れ
たっぷり2時間半、日が暮れるまで密着させてもらった。

翌日、町中でも犬犬言い続けて、あっちこっちで見せてもらった。

カンガル犬の顔アップ
あんまり近づくな、と注意された巨犬。

通りを行く牛と犬
町中にも普通に出没。どっかから迷い込んだ牛を追い立ててた。

カンガル子犬
昔、ライオンを倒したとも伝えられる最強の犬も、子供はかわいい。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。